エマーブルコンサートに向けてのリハーサル

11月23日のエマーブルコンサートのリハーサルを都内のスタジオにて行いました。モーツァルトの晩年の作品、クラリネット五重奏曲は珠玉の名曲ですが中でもⅡ楽章は心に沁み入る優美な曲です。一部ですがリハーサル風景を動画を撮りましたので良かったらご覧下さい。続きは是非コンサートでの全曲演奏をお楽しみください。当日はこの他にも楽しいプログラムをご用意しております。

午後の部14時からのチケットはお陰様で完売してしまいましたが、午前の部11:30からのチケットはまだ若干ですがございます。席数を制限しておりますのでご予約はお早めにお願い申し上げます。

クラリネット 元木瑞香
ヴァイオリン 清水淑子 飯島多恵
ヴィオラ 増田直子
チェロ 小野寺まさよ

第21回エマーブルコンサートのお知らせ

皆様 いかがお過ごしでしょうか?

私達音楽家にとっては依然厳しい状況が続いておりますが、11月23日に第21回エマーブルコンサートを開催する事と致しました。感染症対策をしてお客様の人数をいつもの半分程度として午前と午後の2回公演とします。

今回は弦楽四重奏にクラリネット奏者を加えてのコンサートです。

大好きなモーツァルトのクラリネット五重奏をはじめ、親しみやすいポップスなどもプログラムに入れ、生の音楽の良さを感じていただける様なコンサートにしたく準備をしております。

10月にはPR動画を作成してこちらでご覧いただける様計画しております。

ご予約、お問い合わせ等はこのウェブサイトでも承ります。

発表会を終えて

先週8月23日に「小さな音楽会」を無事終えることができました。
初参加の方も毎年参加している方も皆さん素晴らしい演奏を聴かせて下さいました。
大曲を弾くには伴奏合わせの時間が足りないかな、と思った生徒さんも自己の鍛錬で見事に仕上げていました。
弦楽合奏は当日のリハーサルのみで挑んだ本番でしたが、感動的な暖かいバッハのアリアとなりました。
お客様はいつもの半分くらいと制限させて頂きましたが、倍以上の盛大な拍手を頂戴致しました事、本当にありがとうございました。発表会を開催して貰えて良かったです、との声も多く頂き、嬉しかったです。
実は私にとってもステージ上で演奏するのは半年ぶりだったのです。演奏の仕事は全て無くなってしまったので、生徒さんとの二重奏や合奏での出演ではありましたが弾く喜びを味わっておりました。

皆さんは又来年に向けてもう地道な練習を始めているところだと思います。
継続は力なり、ですね(自戒を込めて)。
今後を楽しみにしております。
お礼まで。

尚、私の続けているエマーブルコンサートは11/23を予定しています。又お知らせいたします。
清水淑子

オンラインレッスンを開始します

外出自粛が続く毎日ですが、お変わりありませんか?

多くの音楽家達がはじめているオンラインレッスンを、私も始めました。

オンライン上で画面越しではありますが、久しぶりに生徒さんのお顔を見て、弾いている姿を見れた時はとても嬉しかったです。
音質には問題もあり、多少時差がある事にも慣れないといけませんが、やってみる価値は大いにあると思います。指づかいや譜読み、音程のアドバイスなどは充分できますね。

zoomというアプリをインストールして頂き、レッスン時間を決めた上で私から招待状をメールにて送ります。音の聞こえ具合やカメラの向きなどをお互いに調整してからスタートします。不安な方は先ずお試しの15分位(無料)いかがでしょうか?

zoomの個人レッスンにはパスワードを設定致しますので、セキュリティ上も安心と思います。
尚 録音、録画、SNS等への投稿は禁止とさせて頂きます。

一日も早くこの大変な日々が落ち着き、何も心配せずにヴァイオリンのレッスンができる日が来ますよう祈っております。

清水淑子

レッスンの対応について

新型コロナウィルス感染症等のレッスンの対応について。

緊急事態宣言が発令され、外出自粛の要請が出ている昨今、レッスンをご心配されている生徒さんが多くいらっしゃると存じます。

誰でもが症状が無くても感染者であるかもしれない、との自覚を持った行動をすべきであると考えます。

そこでヴァイオリンレッスンを楽しみにしてくださっている生徒さんへお伝えしたい事を書きます。
 
もちろんこんな状況下ヴァイオリンレッスンはしばらくお休みします、という方はお休み下さい。

私のレッスン場所は在宅者は一人ですし、換気はレッスン前後に致します。なるべくレッスンが続かないよう配慮します(前の方との間隔をあけ、鉢合わせの無いようにする為です)。当然手洗い、うがい、消毒、
マスク着用 で行ないます。

生徒さんの健康上の問題が無く、車でお越し頂く、混んだ電車の長時間移動を避ける、入ったらすぐに手洗い、うがい、消毒をして頂く、等のお願いをクリアした上でレッスンに来たいという方はどうぞいらして下さい。

オンライン稽古という方法も考えておりますので、何かご質問などありましたらいつでもどうぞ。

毎日の練習は続けていますか? こんな時こそ是非弾いて欲しいです。開放弦でのボウイングだけでも良いんです。綺麗な音を出す練習になります。

音楽が生命力を高めるパワーを持っていると信じています!

発表会が8月23日(日) 狛江の泉の森会館 と決まっております。
問題無く無事に出来る事を祈るばかりですが、今から曲の準備を致しましょう。

皆様のご健康と世の中の安寧を心より願います。
清水淑子

3月15日のコンサートキャンセルのお知らせ

大変残念ではありますが、この度の3月15日エマーブルスペシャルコンサートはキャンセルさせていただくこととなりました。何もかも閉鎖され殺伐とした空氣の中、クラッシックコンサートに行きたいとのお声も沢山いただきました。出来るメンバーでプログラムを変えてでもやろうとも思いましたが、幸いにも9月初旬に延期して同じメンバーで同じプログラムでできそうだと明るい兆しが見えましたので、今回はキャンセルと決定致しました。更に練習を重ねて良い音楽をお届けできます様精進致しますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。又日程が決定しましたらご案内差し上げます。
清水淑子

3月のコンサートのご案内

2020年、今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
3月15日(日)15時開演 パウエル・フルート・ジャパンアーティストサロン“Dolce”東京(新宿)
「アンサンブルエマーブル スペシャルコンサート」として弦楽合奏の演奏会を致します。

そもそもエマーブルコンサートとは桐朋学園大学卒業時に同級生達と始めたアンサンブルのコンサートでした。皆それぞれ活躍の場が変わり一緒に演奏する機会が少なくなり、エマーブルという名を続けて私がシリーズ化しておりました。久々に又何かを皆で、という声がどこからともなく出て今回ようやく実現、となりました。

曲は皆様良くご存知のモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」やバッハの「ブランデンブルク協奏曲第3番、第4番」等です。フルートには中務晴之氏がゲスト出演致します。

私のいつものコンサートよりも大きな編成での弦楽合奏の響きを是非楽しんで頂けると嬉しいです。
ご予約お待ちしております。
BD48187B-844B-43FA-84D5-CB4191F77C63

コンサートのお知らせ

今年もあと僅かとなりました。
私は年末恒例のバレエ、くるみ割り人形の仕事が今年は無かったので、比較的暇な年末ですが、来年2月に大阪でのコンサートを控えている為、練習の氣は抜けません。
先日のエマーブルコンサートでご好評をいただきました双子ならではの二重奏に加え、フルートの中務晴之氏のソロやフルート、ヴァイオリン、ヴィオラの三重奏もあり、ヴァラエティに富んだプログラムでお送りする予定です。大阪公演ですが、お近くにお住まいのご親戚、ご友人などにご紹介頂けますと嬉しいです。
皆様、ご健康で良いお年をお迎えください。

2020年2月16日 16:30開演 会場/ドルチェ・アーティスト・サロン(大阪 梅田駅)
チケット¥3500
2CB1BA65-87FA-4220-9223-E6A2E61DCAC2

エマーブルコンサート第20 回を終えて

久々の投稿となってしまいましたが、先日11月30日に無事エマーブルコンサートを終える事が出来ました。
お陰様で多くのお客様にいらしていただき、気持ち良く演奏することができ、ホッとしております。
この所カルテットでの演奏が続いていましたが、ヴァイオリン二重奏を立って演奏すると、よりヴァイオリンの音に集中して聴いて頂けたようで、又塩田さんのピアノにも助けられて、皆様からの温かいお言葉やメッセージを沢山頂きました。
 双子ならではの響き、つい同じ動きをしてしまう仕草なども楽しんで頂けたようです。練習ではしょっちゅうぶつかり合い、議論を戦わせ、又プログラムを決めるのもすんなりまとまる訳でも無い、と私達は仲が良いんだか?と思う事もありましたが、その過程があったからこそ本番には双子の音色が出せたのかな、と思います。写真ではまるで揃えたかのようにシンクロしてる弓の角度、足の開き方、顔の向きに自分達でも笑ってしまいました。

 私は合氣道で氣を学んで10年になりますが、その事が多く役に立っていると感じます。大事な事は氣が通っている事!それは音楽、曲に対して、一緒に演奏する相手に、聴いて下さる全てのお客様に。そして広く見えている事、広く聴こえている事。安定した姿勢や力の抜き方をはじめ、練習の時の心の向け方、いざという時の落ち着き方等、いつも色々教えて頂いた事が全てに繋がっています。

音楽の勉強に終わりは無いように氣の道にも終わりは無い、とつくづく思います。

第20回エマーブルコンサートのお知らせ

今年のエマーブルコンサートは11月30日(土)18:00開演です。
弦楽四重奏でのコンサートが続いていましたが、今回は初のヴァイオリンの二重奏です。
大阪に住んでいる双子の姉中務雅子のヴァイオリンと、ピアニストは桐朋時代からの友人である塩田加寿子さんにお願いして、息のあったアンサンブルをお届けできたら、と思っています。

一卵性双生児である私と雅子はヴァイオリンを習い始めてから大学まで、何もかも一緒でした。
子供時代はひとつの楽器で交替しながら、練習する曲も同じでしたし、当然のように高校進学も大学受験も同じ道を目指しました。考えてみれば珍しいケースなのかも知れませんが、ライバル視するほどでもなく自然と協力しながらお互いヴァイオリニストとしてここまで来れた事は幸運だったなと、つくづく思います。

姉が大阪に行ってからは一緒に演奏する機会が少なくなりましたが、ツインズとしてコンサートは何回か開催し、ご好評頂いております。私達は弾き方や音色もそれぞれ違うと思っているのですが、録音したのを聴くと不思議とどちらの音か区別がつかないくらい似ているんです。お互いの癖など知り過ぎているので練習では非常にやりにくい事も多々あるんですが、時間を忘れて練習しています。
弓の動きや譜めくりの仕方、お辞儀の角度までシンクロしていると笑われる私達ツインズのデュエットを、是非、楽しんで見にいらして下さい。
2F515B5D-B5F1-4FE3-BEA3-0E249EE69B65

発表会を終えて

先週8月25日に無事「小さな音楽会」を終えることができました。
皆さん本当に一生懸命上手に演奏してくださいました。ありがとうございました。

事前の伴奏合わせの時間や合奏の練習時間は決して充分とは言えない中、又当日のリハーサルも持ち時間が少ない状況でしたが、本番では全員が見事な演奏を聴かせてくれ、感動、感謝でいっぱいです。
初めて参加されたお子様も「楽しかった」と言ってくれて私も嬉しいです。

毎日少しずつでも練習をすることで、ちょっとずつ上達を実感できます。更に練習方法を工夫することも学んでいくでしょう。音楽的に歌う弾き方も自然と身についてきます。

来年もまたもっと素晴らしい会となりますよう、皆さん一緒に音楽を奏でましょう。

小さな音楽会のお知らせ

F9FA016D-DFBA-432A-BB6A-E81455045671
8月25日(日) 午後4時 開演 泉の森会館 多目的ホール(小田急線狛江駅より徒歩1分)

私のバイオリン生徒さん、チェロの磯部朱美子先生の生徒さん達で発表会をいたします。
ソロや二重奏、弦楽四重奏やアンサンブル等 素敵なプログラムで皆さんこの一年の成果を聞かせてくれることと思います。入場無料ですのでどうぞ興味のある方 聴きにいらしてください。(プログラム内容を知りたい方はご連絡ください。)