エマーブルコンサート第20 回を終えて

久々の投稿となってしまいましたが、先日11月30日に無事エマーブルコンサートを終える事が出来ました。
お陰様で多くのお客様にいらしていただき、気持ち良く演奏することができ、ホッとしております。
この所カルテットでの演奏が続いていましたが、ヴァイオリン二重奏を立って演奏すると、よりヴァイオリンの音に集中して聴いて頂けたようで、又塩田さんのピアノにも助けられて、皆様からの温かいお言葉やメッセージを沢山頂きました。
 双子ならではの響き、つい同じ動きをしてしまう仕草なども楽しんで頂けたようです。練習ではしょっちゅうぶつかり合い、議論を戦わせ、又プログラムを決めるのもすんなりまとまる訳でも無い、と私達は仲が良いんだか?と思う事もありましたが、その過程があったからこそ本番には双子の音色が出せたのかな、と思います。写真ではまるで揃えたかのようにシンクロしてる弓の角度、足の開き方、顔の向きに自分達でも笑ってしまいました。

 私は合氣道で氣を学んで10年になりますが、その事が多く役に立っていると感じます。大事な事は氣が通っている事!それは音楽、曲に対して、一緒に演奏する相手に、聴いて下さる全てのお客様に。そして広く見えている事、広く聴こえている事。安定した姿勢や力の抜き方をはじめ、練習の時の心の向け方、いざという時の落ち着き方等、いつも色々教えて頂いた事が全てに繋がっています。

音楽の勉強に終わりは無いように氣の道にも終わりは無い、とつくづく思います。

第20回エマーブルコンサートのお知らせ

今年のエマーブルコンサートは11月30日(土)18:00開演です。
弦楽四重奏でのコンサートが続いていましたが、今回は初のヴァイオリンの二重奏です。
大阪に住んでいる双子の姉中務雅子のヴァイオリンと、ピアニストは桐朋時代からの友人である塩田加寿子さんにお願いして、息のあったアンサンブルをお届けできたら、と思っています。

一卵性双生児である私と雅子はヴァイオリンを習い始めてから大学まで、何もかも一緒でした。
子供時代はひとつの楽器で交替しながら、練習する曲も同じでしたし、当然のように高校進学も大学受験も同じ道を目指しました。考えてみれば珍しいケースなのかも知れませんが、ライバル視するほどでもなく自然と協力しながらお互いヴァイオリニストとしてここまで来れた事は幸運だったなと、つくづく思います。

姉が大阪に行ってからは一緒に演奏する機会が少なくなりましたが、ツインズとしてコンサートは何回か開催し、ご好評頂いております。私達は弾き方や音色もそれぞれ違うと思っているのですが、録音したのを聴くと不思議とどちらの音か区別がつかないくらい似ているんです。お互いの癖など知り過ぎているので練習では非常にやりにくい事も多々あるんですが、時間を忘れて練習しています。
弓の動きや譜めくりの仕方、お辞儀の角度までシンクロしていると笑われる私達ツインズのデュエットを、是非、楽しんで見にいらして下さい。
2F515B5D-B5F1-4FE3-BEA3-0E249EE69B65

発表会を終えて

先週8月25日に無事「小さな音楽会」を終えることができました。
皆さん本当に一生懸命上手に演奏してくださいました。ありがとうございました。

事前の伴奏合わせの時間や合奏の練習時間は決して充分とは言えない中、又当日のリハーサルも持ち時間が少ない状況でしたが、本番では全員が見事な演奏を聴かせてくれ、感動、感謝でいっぱいです。
初めて参加されたお子様も「楽しかった」と言ってくれて私も嬉しいです。

毎日少しずつでも練習をすることで、ちょっとずつ上達を実感できます。更に練習方法を工夫することも学んでいくでしょう。音楽的に歌う弾き方も自然と身についてきます。

来年もまたもっと素晴らしい会となりますよう、皆さん一緒に音楽を奏でましょう。

小さな音楽会のお知らせ

F9FA016D-DFBA-432A-BB6A-E81455045671
8月25日(日) 午後4時 開演 泉の森会館 多目的ホール(小田急線狛江駅より徒歩1分)

私のバイオリン生徒さん、チェロの磯部朱美子先生の生徒さん達で発表会をいたします。
ソロや二重奏、弦楽四重奏やアンサンブル等 素敵なプログラムで皆さんこの一年の成果を聞かせてくれることと思います。入場無料ですのでどうぞ興味のある方 聴きにいらしてください。(プログラム内容を知りたい方はご連絡ください。)

クレジットカード使えます

お久しぶりです。
7月も半ばを過ぎたのに夏らしくない天候が続いていますね。
生徒さん達は来月末の発表会に向けて熱心に練習して下さっています。
ソロの曲、カルテットの曲、全員合奏の曲など、どの曲も易しくはないけど、やり甲斐を感じてくれているようです。
これからカルテットのレッスン、伴奏合わせ等が始まりますが、仕上がっていく段階が私も楽しみです。

ところで、レッスン代等にクレジットカードでの入金が可能になりました。
お手持ちのカード会社のポイントも貯まりますので、どうぞご利用ください。

今年の発表会が決まりました

2019年8月25日 狛江駅すぐ近くの泉の森会館にて「小さな音楽会」をすることが決まりました。
ヴァイオリンの生徒さんたちにソロ、二重奏、合奏等で、演奏していただきます。
初めてだけど弾ける曲があれば弾きたい、今から準備して少し難しい曲にチャレンジしたい、憧れの曲が弾きたい、アンサンブルだけでも弾きたい、等々 ご要望に応じてご指導致します。

人前で演奏することは緊張もしますが、普段とは全く違うステージでの演奏を体験してみてください。
音楽は聴いて下さる方と演奏者の両方があって成り立つものだと思います。練習の時も常に聴いている誰かを感じましょう。心のこもった演奏は上手くいくとかいかないではなく、聴衆にも心が伝わります。
綺麗な音を出したい、素敵なメロディだな、これは大好きな曲、とかを感じて弾くことが一番大事だと思います。

発表会のプログラムは未定ですが、何か面白い企画もしてみようかな、と思案中です。

久しぶりの投稿です

2019年も節分を過ぎ、新しい元号がもうすぐそこ、となっています。
日が長くなってきたなと感じるのは何故か嬉しい気分になります。

何か新しいことを始めてみるのはいつでも良いけど、きっかけがあるとよりスタートしやすいですよね。
新元号と共に、バイオリンを弾いてみたい、又は練習を再開したい、という方、是非体験レッスンにいらして下さい。

先日、熱心にお稽古されている大人の生徒さんがしみじみおっしゃいました。
「バイオリンって本当に身体も頭もフル回転するんですね〜」
数年前に始めて今ではかなりの曲もエチュードも弾きこなす方で、実感がこもっていました。
その通り、プロの私でも新しく曲を練習する時には頭の中の血流は真っ赤になっているに違いない、と思います。そもそも右手と左手を全く違う動きをさせ、綺麗な音を出すには耳で良く聴き、譜面を読む為には目も使います。バイオリンは一番難しい楽器と言ってもいいと思います。
だからこそ、子供の頃にスタートすれば素晴らしい特技が身につき、大人になって始めればより深い理解共に学ぶことができます。

体験レッスン用に大人サイズの楽器もございます。又はお仕事帰りに手ぶらでレッスンに来たい方にはレッスン用としてお貸しすることも可能です。
どうぞ問い合わせだけでも結構です、ご連絡お待ちしております。

清水淑子

第19回エマーブルコンサートを終えて

昨夜お陰様で無事エマーブルコンサートを終えることができました。
いらしてくださったお客様、お手伝いしてくださった方々、そして一緒に演奏をしたカルテットメンバーの皆さん、全ての方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。

プログラムのモーツァルト「不協和音」は練習すればするほど難しく、でも好きになっていく曲でした。
バーバーのアダージョはオリジナルのカルテット版での演奏は、音程も合わせにくいし、練習でもなかなか厳しいかなと挫けかかった曲でしたが、何より曲の美しさを伝えたい気持ちで弾きました。
その他 映画音楽などもお客様それぞれに懐かしさや楽しい気分を感じていただけたようです。
会場は今回は割と響きが良く、楽に音が出せていた様で良かったです。

いつもながらMCではしどろもどろあり、演奏も小さなミスあり、目標としていた観客数には努力不足で満たなかったり、と反省点は山ほどありますが、お客様が喜んでくださったようなのが何より嬉しいです。
そしてカルテットって本当に楽しい! という幸せを感じるコンサートでした。ありがとうございました。
手編みのグッズなども沢山ご購入していただき、お礼申し上げます。

エマーブルコンサートまであと一週間となりました

早いもので、来週の土曜日が本番です!
昨日は四人で揃う貴重な練習でした。まだまだ沢山の課題があり氣が抜けませんが、残すもう一回の合わせ練習を含め仕上げていきたいと思っています。
展示販売致します作品の数々も出来上がってきています。クリスマスプレゼントなどにいかがでしょうか?
若干のチケットがまだございますので、よろしかった是非お越しくださいませ。

エマーブルコンサートのチラシができました

FC785768-2FE1-4384-8092-2AE8CFD4E796

2018年11月24日 (土) 18:30開演 (18:00開場)
泉の森会館3階 多目的ホール(小田急線狛江駅北口徒歩1分)
入場料 3500円 (定員80名 要予約)

Vn 清水淑子/森谷公美子 Va 長岡晶子 Vc 小野寺まさよ

モーツァルト: 弦楽四重奏KV465 不協和音
ヴィヴァルディ:四季より秋

発表会を終えて

8月19日に生徒さん達の発表会「小さな音楽会」が無事に終わりました。
磯部朱美子先生のチェロのお弟子さんもご一緒でしたのでヴァイオリンのソロや二重奏、チェロのソロ、チェロの三重奏、弦楽合奏と盛りだくさんのプログラムでした。
皆さん一生懸命に心を込めて演奏していて本当に感動致しました。
一回だけの伴奏合わせとリハーサルのみにもかかわらず、難しいヴァイオリンコンチェルトやソナタを見事に弾ききって素晴らしい演奏でした。
弦楽合奏のホルベルク組曲でも全員が揃ったのは当日のみだったとは思えない良いアンサンブルだったと思います。ヴィオラで一緒に弾いていて楽しかったです。ありがとうございました。

11月24日には私の演奏会「エマーブルコンサート」があります。生徒さんに負けないようたくさん練習して、素敵な、皆さまに楽しんでいただけるようなコンサートにすべく頑張らなくては、と良い刺激をもらいました。
ご報告まで。感謝。

「小さな音楽会」はいよいよです

毎年八月に開催している生徒さん達の発表会「小さな音楽会」は
8月19日 16時開演 狛江の泉の森会館 多目的ホール にて開催致します。
頑張って練習してきた成果をお客様の前で演奏していただきます。
ソロの曲ではステージに立つだけで緊張するものですが、孤独な(伴奏者はいても)時間をむしろ楽しんで素敵なメロディーを奏で、音楽の素晴らしさをお客様に届けていただきたいです。
弦楽アンサンブルでは曲を仲間たちと一緒に呼吸し、感じ、作り上げる楽しさを感じながら演奏してくれることでしょう。
プログラム最後の弦楽合奏はグリーグ作曲のホルベルク組曲よりⅠ楽章とⅤ楽章を演奏致します。
どなたでもご入場頂けますのでご興味ある方はぜひいらしてください。5F3606AA-8B5C-464C-BBA4-061974B8B71A